マインドガードDXを使い始めて、睡眠の質が上がった実感があります!

効果は同じだけど、我が家のおすすめは粒タイプ!

>>> ドリンクタイプの初回約22%OFF(6,810円)はこちら

>>> 粒タイプの初回約60%OFF(2本セット7,340円)はこちら

マインドガードDXを使ってみました!

一般的に5人に1人が不眠症や睡眠障害で悩んでいると言われているみたいです。

私もそのうちの1人かもしれません。

夫より先に眠ってしまえばいいのですが、夫が先に寝てしまうといびきが気になってどうしても寝つきが悪くなってしまいます。

安定剤を飲んで寝ていたこともありますが、あれを飲むと今度は私の方がいびきがひどくなるみたいです。

やはり薬はあまり使わない方がいいみたいです。

こころの青汁が販売している「マインドガードDX」は、ノニ、グリシン、ギャバ、香酢、ビタミンB6、クワンソウエキス、トリプトファン、レスベラトロールといった、8つの休息成分を配合したサプリメントです。

ドリンクタイプと粒タイプの2種類があります。

睡眠をしっかりとれることで、睡眠薬や精神安定剤をやめられたり、自律神経失調症や更年期障害の緩和につながることも期待できます。

また、ノニやレスベラトロールといった女性にうれしい成分も魅力的です。

公式サイトのマインドガードDXを飲んでいる方の口コミを見ると、

「穏やかな気持ちになって、すんなり休めました。」

「飲み始めてから気分の落ち込みも少なくなってきて心地よくなってきています。」

それなりに効果を実感をしている方が多いようです。

そこで、私たち夫婦も飲み始めてみることにしました。

ドリンクタイプと粒タイプのどちらにしようか迷いましたが、夫が粒のほうが飲みやすいということで、粒タイプにしました。

夫はもともと寝つきがいいので、初日からすぐに寝始めたのはいつもと変わりませんが、いびきが静かになり、それは続いています。

私のほうも以前に比べて寝つきが良くなったかというと、正直なところあまり変わっていないというのが実感です。

以前と同様に夜中に目が覚めることもあります。

しかし、しかし、です。

目覚めてからの体の調子が明らかに違うのです。

体が軽いというよりも、体の中からエネルギーが湧いてくる感覚というか、そんな感じです。

おそらく、睡眠の質が上がってしっかりと体の疲れが取れているのと、ノニのパワーのおかげなのだと思います。

マインドガードDXはただの安眠サプリだと思っていましたが、もっとその先の体調をベストな状態にしてくれるサプリだということがわかりました。

夫も日中仕事をしていて疲れにくくなったと言っています。

かなり控えめに言っても、すごくいいサプリだと思います。

>>> 私たちが飲んでいるマインドガードDX(粒タイプ)はこちら

マインドガードDXの口コミ・効果:アットコスメの評価は?

私はマインドガードDXにとても満足していますが、ほかに使っている人たちの評価はどうでしょうか。

アットコスメ(@cosme)で口コミを見てみました。

残念ながら、アットコスメでは口コミの投稿が1件もありませんでした。

参考になるかわかりませんが、私の体験談や公式サイトの口コミも参考にしていただければと思います。

>>> マインドガードDX・ドリンクタイプ:公式サイトはこちら

>>> マインドガードDX・粒タイプ:公式サイトはこちら

マインドガードDXの最安値比較:どこで購入するのがいいの?

マインドガードDXを安く購入するならどこの通販サイトを利用するのがよいのでしょうか。

大手通販サイトの楽天市場、Amaozn、Yahoo!ショッピングの最安値・取り扱い状況を調べてみました。

楽天市場:取り扱いがありませんでした。

Amazon:取り扱いがありませんでした。

ヤフーショッピング:取り扱いがありませんでした。

今のところマインドガードDXを購入できるのは公式サイトだけということです。

マインドガードDX(ドリンクタイプ)

ドリンクタイプの通常価格は8,625円ですが、初めての方はお試し価格として約22%OFFの6,810円で購入できます。

さらに、送料も支払い(代金引換・クレジットカード・NP後払い)手数料も無料です。

>>> ドリンクタイプの初回約22%OFF(6,810円)はこちら

マインドガードDX(粒タイプ)

粒タイプの通常価格は9,075円ですが、初めての方はお試し価格として2本セットを7,340円で購入できます。

粒タイプはドリンクタイプよりもほんの少し高いですが、2本で長くお試しできるという意味では、粒タイプのほうが断然お得です。

>>> 粒タイプの初回約60%OFF(2本セット7,340円)はこちら

ドリンクタイプと粒タイプのどっちがいいの?

マインドガードDXを購入する場合、ドリンクタイプと粒タイプのどっちにするか迷うこともあるかと思います。

そこで、それぞれについてメリットとデメリットをまとめてみました。

原材料・成分に違いはあるのか?

【ドリンクタイプ】
原材料:モリンダシトリフォリア(ノニ果汁)、イヌリン(食物繊維)、クワンソウエキス、エリスリトール、香酢末(米酢、デキストリン)、ギャバ、赤葡萄エキス末(トランスレスベラトロール含有)、グリシン、、L-トリプトファン、ビタミンC、クエン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

成分(30mlあたり):エネルギー 11kcal、たんぱく質 0.9g、脂質 0g、炭水化物 4g、食塩相当量 0.011g、ビタミンB1 1mg、ビタミンB2 1mg、ビタミンB6 1mg、ビタミンB12 3.75μg、ビタミンC 60mg

【粒タイプ】
クワンソウエキス末、香酢末(米酢、デキストリン)、ギャバ、ブドウ抽出物(トランスレスベラトロール含有)、ノニ粉末、グリシン、結晶セルロース、ビタミンC、トリプトファン、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1

成分(6粒あたり):エネルギー 5.6kcal、たんぱく質 0.55g、脂質 0.02g、炭水化物 0.8g、ナトリウム 2.8mg、ビタミンB1 1mg、ビタミンB2 1.65mg、ビタミンB6 1mg、ビタミンB12 3.75μg、ビタミンC 96mg

ドリンクタイプも粒タイプも基本的な原材料は同じです。

いくつか違いがあるのは、ドリンクとして飲みやすくするための成分(エリスリトール)、糖質摂取を抑えるための成分(イヌリン)、粒の形状にするための成分(結晶セルロースなど)です。

ここでは、とくにメリット・デメリットはないと思われます。

どちらが飲みやすいのか?

我が家では基本的に粒タイプを利用していますが、ドリンクタイプも気になって、実際に購入して飲んでみました。

やはりドリンクタイプはかなりクセのある味です。

とはいっても、別に味わって飲むわけではないので、それほど支障はありません。

この点、粒タイプは噛んだり舐めたりしない限り、味を感じることはありません(舐めるとドリンクタイプと同じ味がしますが)。

あとは、普段どこで飲むかによってメリット・デメリットが出てきます。

ドリンクタイプは持ち運びに向かないので、外泊が多い場合は粒タイプが便利です。

ただドリンクタイプのほうが成分の吸収性に優れている言われてます。

かといって、粒タイプが効果を実感しにくいかというと、まったくそういうことはないです。

これは、粒タイプが成分の濃度をドリンクタイプの2.5倍にして吸収性が劣るのをカバーしているからだと思います。

初回購入はどちらがお得か?

ドリンクタイプの初回購入は、お試し価格として約22%OFFの6,810円で購入できます。

これに対し、粒タイプの初回購入は、お試し価格として2本セットを7,340円で購入できます。

約500円の違いで、粒タイプのほうが1本分多く購入でき、断然お得となっています。

継続購入はどちらがお得か?

継続購入する場合ですが、ドリンクタイプの通常価格は8,625円、粒タイプの通常価格は9,075円となっています。

ドリンクタイプのほうが若干安くなっていますが、ほんの少しの違いなので、好みで選んでいいと思います。

ちなみに、商品のお届けと一緒に定期コースの案内が入っています。

継続購入する場合は定期コースを利用したほうが毎回の購入費を安く抑えられます。

>>> ドリンクタイプの初回約22%OFF(6,810円)はこちら

>>> 粒タイプの初回約60%OFF(2本セット7,340円)はこちら

マインドガードDXの飲み方:目安量や飲むタイミングは?

マインドガードDXの基本的な飲み方ですが、それぞれの容器に記載されています。

ドリンクタイプ:本品を適度に振り、1日あたり15~30mlを目安にお召し上がりください。

粒タイプ:1日あたり2~4粒を目安に水などでお召し上がりください。

1本を1ヵ月持たせたい場合の1日の目安量は、次のようになります。

ドリンクタイプ:内容量が500mlなので、1日あたりの目安量は約16ml。

粒タイプ:内容量が90粒なので、1日あたりの目安量は3粒。

もちろん、効果をより実感するために多く摂取する場合は、1本の消費は早くなります。

1日のうちいつ飲むのが効果的ですか?

基本的にいつ飲んでもいいですが、やはり効果的なタイミングは就寝前です。

就寝の2時間前に飲んでおくと効果を実感しやすいです。

子供が飲んでも大丈夫?

マインドガードDXは栄養補助食品なので、子供が飲んでも大丈夫です(飲む量は大人の半分程度にしましょう)。

ただし、子供の場合は、基本的に生活サイクルの見直しに取り組んだほうがいいと思います。

授乳中・妊娠中、他の薬を服用している場合でも飲んで大丈夫?

栄養補助食品なので基本的に大丈夫ですが、念のため、かかりつけの医師に相談するのがよいと思います。

>>> ドリンクタイプの初回約22%OFF(6,810円)はこちら

>>> 粒タイプの初回約60%OFF(2本セット7,340円)はこちら

▼▼ 我が家のおすすめは粒タイプ ▼▼
マインドガードDX粒タイプ





あまり知られていませんが、コンドロイチンは、健康に関する利点の他にも美しさを追い求める点からしても、有用な成分が非常にたくさん内包されています。具体的にコンドロイチンを摂り入れると、あらゆる新陳代謝が良好になったり、生まれ変わって肌質が良くなる方が多くいます。

優れた音楽でリラクゼーション効果を受けることも、簡単に取り組めるヒーリング法と言えます。癪に障った場合はホッと落ち着ける曲を聴くのではなくて、与えられたストレスを外に出してしまうには、早いうちに個人の現在の心情とシンクロすると思える音楽を選ぶのが目的に適うでしょう。

その名からも推測できるようにセサミンが含有されていることで広く知られるゴマですが、事実、直にゴマを皿の上のライスに振りかけて食してみると当たり前に味が良いもので、従来のゴマ味わいを賞味しつつご飯を食べることは十分可能です。

職場から疲れて家に復した後にも、うどんなど炭水化物の多い夜食を摂取しながら、糖類入りのコーヒー飲料や紅茶なのど飲み物を摂取することにより、おどろくほど疲労回復に利きがあるに違いありません。

現代に生きる人々は、何やかやと多忙な毎日過ごしています。このことから、栄養満点のランチやディナーを落着いて食べるということが厳しいのが事実です。

「健康21」の重点課題である現代の生活習慣病の原因は、楽しい飲み会や接待など、ビジネスの延長線にある運動不足や喫煙等にスタンバっているため、一番の予防策は、通常の日常生活のもとからのやり直しが必要です。

ふつう全ての事柄には、「誘因」があって「始末」があるのです。もちろん生活習慣病は、当事者の独自のライフスタイルに「病の理由」があって、病気を発症するという「効果」が生じるのです。

当然ですがコエンザイムQ10は、体内で生命維持を応援する栄養素です。人の肉体を構成している細胞組織の内部にあるミトコンドリアと言われる活発な熱量を、形作る部分において必須である大切な物質です。

そもそも天然から採取できる食物は、それぞれ同じ生命体としてわたしたちヒト属が、それぞれの命を持していくのになくてはならない、豊富な栄養素を盛り込んでいると考えられます。

ご存知のようにビフィズス菌は、お腹の中で栄養分がしっかり吸収される状態に調節してくれます。大腸に適したビフィズス菌などみたいな有効な菌を、しっかりキープしておくためにはいわゆるビフィズス増殖因子と言えるオリゴ糖や便秘予防効果のある食物繊維がなくてはならないのです。

やっぱりサプリメントを求めなくても平気な「必須三大栄養素・ビタミン・ミネラルを不足なく含んだ」ご飯を食べることが大切ですが、様々な栄養成分が代謝に合った分量を摂れるように努力しても、描いたスト―リーのようにはうまくいかないものです。

今現在、健康食品は、町の薬局やドラッグストア以外にも、いつものスーパーマーケットや24時間営業のコンビニエンスストアなどでも普通に市販されており、買い手の各判断でインスタントに手に入る商品となりました。

いわゆる健康食品にて適量のグルコサミンを摂取したとしたら、各関節の痛みのない滑らかな動作が得られるといった望ましい作用が望まれますが、実は肌質としても想像以上にグルコサミンは効能を如何なく発揮するのです。

「生活習慣病にかかってしまってから医者に行けばいいや」と楽観視しているのなら、それは大きな勘違いで、生活習慣病という病名が言われた時点で、お医者さんにかかっても完治不可能な大変な疾病だと伝えられたということです。

たいてい健康食品を摂ったり食べたりする場合には飲み過ぎ・食べ過ぎによる悪弊の可能性があることを必ず記憶しておいて、分量には万全に気を留めたいものです。