以前は蛇口のところに取り付けて毎月カートリッジを交換するタイプの浄水器を使っていました。

べつに水道の水がそのまま飲めないというわけではなく、業者との付き合いからです。

そして2年ちょっと前に家を建て替えたのですが、今度は最初からキッチンに浄水器が組み込まれているものに変わりました。

通常の水道のレバーのほかに浄水器用のレバーが付いているやつです。

シンクの下にボンベみたいなカートリッジがあります。

このカートリッジは1年に1回交換します。

メーカーから連絡が来て、カートリッジが送られてきて、自分で交換して、使い終わったカートリッジを着払いで送り返します。

カートリッジの代金は約1万円です。

年間1万円で「おいしい水」が飲めるとはいっても、通常の水と味がどう違うかはわかりません。

それでも浄水器があると飲み水は必ず浄水器からの水を飲むようになります。

一種の洗脳でしょうか。

でも水道水には必ず塩素が含まれていて、浄水器はこの塩素を除去してくれるとも言われています。

使い続ける価値はあるのかもしれません。