どんなに不眠で苦しんでいても、「できれば薬は少量で」と願う人が少なくないようです。
しかし、不眠がよくならないうちは、自己判断で薬の量を減らすと、十分な催眠作用が得られません。
睡眠薬を飲む際は、量や時間などを自己判断で変えず、「よい眠り」を得るのに必要な薬を、処方を守ってきちんと使いましょう。
不眠症がよくなれば、薬を飲まなくても眠れるようになります。症状が重い間は、医師の指示に従って、正しく服用してください。

睡眠薬は、間違った使い方をすると問題が起こることもあります。
薬を飲んで寝ているときに、無理に起きて活動すると、その間のことを覚えていないこともあります。これを「健忘」といいます。睡眠薬は「眠るための薬」です。飲んだら必ず眠るという原則を守りましょう。
また、アルコールと睡眠薬の併用は絶対にしてはいけません。たしかに、アルコールには脳を麻痺させる作用があるので、寝つきがよくなります。しかし、アルコールによってもたらされる睡眠は、深いノンレム睡眠やレム睡眠の量少なく浅い眠りばかりで、「よい眠り」とはいえません。そのうえ、睡眠薬と併用すると、薬の作用を強くしすぎたり、作用時間を長くしすぎたりするおそれがあります。
晩酌など、薬を飲むまでに酔いがおさまっていれば問題ありませんが、睡眠薬を飲む直前に寝酒を飲んだり、あるいは睡眠薬をアルコールと一緒に飲んだりするのは絶対にしてはいけません。